知り合った女性がストーカーになっちゃた(泣)

結婚を真剣に考えるようになり、婚活パーティに参加しました。

あまりに年下だと気後れするような気がして、同世代である30才から35才限定というパーティでした。

普段からなかなか女性と知り合う機会も少ないのですが、幸いなことに私より二才年下の32歳の女性と知り合うことができました。

パーティーではお互いの趣味である映画の話題で盛り上がりました。

彼女は結婚願望が強い方でしたが、これまで縁がなかったことやパーティーに参加してもいい出会いがないことなどを教えてくれました。

私も同様の経験があり、自然と親近感を覚えるようになりました。

やけに積極的なのが気になりましたが、そういう性格の女性なのだろうと思っただけでした。

私はどちらかというと女性に対しては引っ込み思案なので、リードしてもらった方が都合がいいということもありました。

やがてパーティーはお開きとなり、私は頼まれるまま彼女に連絡先を教えました。

ストーカー女子

 

ストーカーの始まり

彼女から連絡があったのは翌日のことです。

週末、一緒に映画に行こうと誘われました。

私も行きたかったのですが、たまたまその週末は仕事と学生時代の友人の結婚式があったため、その旨を伝えました。

すると彼女は急に不機嫌になり、いきなり電話を切ってしまったのです。

何か気に障ることを言ってしまったのだろうかと反省したのです。

しかし思い当たることはなく、気になってはいましたが、そのままいつの間にか忘れてしまいました。

するとまた翌日電話がかかってきて、会社はどこにあるのか、結婚式はどのホテルかなどを聞かれました。

おかしいなとは思ったものの、また彼女の機嫌が悪くなってしまうと大変だと思い、私は会社の場所や結婚式の会場などを教えました。

そうして土曜日、仕事を終えて帰ろうとすると、彼女が会社の前にいるではありませんか。

 

その後、一緒に食事をしようと言われ、しぶしぶその通りにしましたが、どうもおかしいと思うようになってしまいました。

また翌日の結婚式でも彼女が会場のホテルで待ち伏せしているのを見た時は本当に怖くなり、逃げるようにその場を離れました。

その後、何度も連絡がありましたが無視していると、婚活パーティーの主催者から連絡がありました。

私が結婚詐欺を働いたという女性がいるがどういうことかと問い詰められました。

彼女は私が結婚の約束をしたと言い張っていたそうです。

主催者には事情を話して理解してもらいましたが、こんな怖い目に遭うのはもうこりごりです。